fc2ブログ

じてんしゃ屋フレーシュのブログ

栃木県矢板市から自転車の楽しさをお伝えしたい!県北地域を中心に活動するそんな自転車屋のブログです。

【製品情報】【展示会】GUSTO展示会に行ってきました!【日記】

皆様こんばんは。
じてんしゃ屋フレーシュの藤田です。
いつも当店をご利用いただきありがとうございます。

本日は先週水曜日2/14の「GUSTO」展示会の様子をお伝え致します。

商品を見させていただいたのはもちろんですが、人に逢わせていただいた展示会でした。

⇒展示会の様子を動画で紹介
[現在編集中]

ではではどうぞ!


-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

2024/2/14[Wed]
GUSTO展示会

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

当日朝3時から経費節約のため下道走らせ、7時半頃東京入り。
学生時代に住んでいた巣鴨に車を停め、そこからは電車と徒歩で展示会会場へ。
今日はGUSTOさんの展示会です。

会場は東日本橋のあたり。
会場に入るとGUSTOの他、いくつかのメーカー(ブランド)さんがブースを出していました。


◆GUSTO
DSCF1888.jpg

「GUSTO」はもう皆様ご存知ですよね?フルカーボンのロードバイクを販売するメーカーで、大人の事情で日本国内では「グスト」と呼びます。

《UCI認証を取得したプロユースモデルのみ》をラインナップし、展開するフレームを絞ることで無駄に開発費用を浪費せず、その分コストパフォーマンスの高い自転車を製造・販売しています。
値崩れ、ひいてはブランド力の喪失を防ぐ取り組みもされており、独自の販売ルールによってお客様・販売店・メーカーの「三方よし」を目指す画期的なメーカー(ブランド)です。

GUSTOは値段に目が惹かれがちですが、
「プロユースモデルのみ」と先述した通り、海外のプロロードレースチームへのバイク供給をしており日本国内のレースでも優勝経験のある実績あるフレーム造りをしています。

昨今のGUSTOバイクは「INNEGRA」という特殊素材を使用することが特徴です。ポリプロピレンによって作られるこの繊維はカーボンより軽量で頑丈な素材です。
これを東レT1000カーボン、さらにLATEXと組み合わせる(I.L.C)ことで振動吸収性を高めています。振動吸収性が高まることによりライダーは体力消耗を抑えることができるため、より速く遠くまで走ることができたり、より楽にサイクリングを楽しむことができます。

現在、GUSTOがラインナップする「DURO EVO」シリーズと今回発売された「COBRA EVO」シリーズの両方でこのINNEGRAが使用されており、どちらも如何なる路面状況でも最高のパフォーマンスを発揮できる自転車に仕上げられています。

なお、GUSTOではこの2シリーズにそれぞれいくつかのコンポーネント違いのグレードが用意されており、ご予算や使い方、デザインの好みによってお選び頂けるようになっています。

▶【新製品】「COBRA EVO」シリーズ
DSCF1868.jpg

GUSTOラインナップではどちらかというとレース向けなバイクです。
昨今流行したデザインを取り入れつつ、シュッとしたシンプルかつトラディショナルなデザインのバイクです。
DSCF1872.jpg

上位3グレードではケーブル類が一切外に露出しない一体型エアロハンドルを初期装備しています。
最上位の「PRO LEGEND」グレードは、当店イチオシブランドB◯Cが120万円程度で販売するような自転車を《660,000円(税込)》という約半値のコスパを誇ります。
恐ろしいコスパです。あまりのコスパに業界最王手メーカーから怒られたとか、そんな噂もあります💦

とは言え66万円。決して安くはありません。
そんな方にはエントリーグレードである「ELITE」グレードはいかがでしょうか?
同じくB◯Cが50万円程度で販売する機械式新105採用モデルが《286,000円(税込)》と、これまた他社の追随を許さない価格です。
コスパ優秀と言われるMERI◯Aのバイクですら似たグレードで約37万円ですので…GUSTOの値付けはいつも意味が分かりません(褒めてます)。
DSCF1878.jpg

先述の通り、製品自体も特殊素材を使用するなどプロも使用するほど気合が入った製品ですのでご安心ください。
↓フレーム内部を写した写真。余計なバリも無く、非常にキレイな内部状況です。
DSCF1865.jpg

↓(参考)品質が低いとこんな感じの内部となります。
IMG_0779.jpg

《当店にはこの「COBRA EVO DB ELITE」sizeML(510)が入荷予定です!!》
塗装がめちゃくちゃキレイで、特にホワイトに惚れました❤ラメの入った雪のような白でとても美しいです✨
店頭在庫予定モデルはもちろんホワイトカラーです♪

人気爆発中のモデルです。
ご検討中の方はお早めにお声掛けください👍


DSCF1880.jpg DSCF1875.jpg


▶「DURO EVO」シリーズ
DSCF1882.jpg

こちらはCOBRA EVOと比べるとかなり特徴的な形状をした自転車です。
かなりマッシブな形状でどこを見ても筋骨隆々、たくましいフレームです。
しかしながらCOBRA EVOと比較するとハンドルを高めに設定できるジオメトリーでロングライド向けなポジションを取ることができます。
DSCF1883_20240219191609cf3.jpg

やはりこちらもINNEGRA(I.L.C)を採用したフレームですので振動吸収性が高く、より速くより楽に走ることができます。

エアロ形状を採用するチューブが多いため、長距離をより速く走りたい方はこちらの自転車がおすすめになります。

グレードのラインナップとしては4グレード用意されており、ケーブル類フル内装のモデルのみラインナップしています。
最上位グレードは、ULTEGRA Di2 R8170 + Campagnolo ShamalCarbon 採用でありながら《680,000円(税込)》とこちらも高いコスパを誇ります。
エントリーグレードは、105 Di2 R7170にアルミリムホイールを採用することで《399,000円(税込)》という価格を実現しております。これはやはり他社と比べると30%以上低価格を実現しています。

DSCF1886_20240219191607749.jpg


----------
何度も言いますが、GUSTOはこの価格でしっかりとした性能を持っています。下手したら他のハイブランドメーカーよりもしっかりとしたモノ作りをしているかもしれません。

《「安かろう悪かろう」が通用しない唯一のメーカーかもしれません!》


★当店は「GUSTO」のご注文をお待ちしております。店頭在庫品は即納可能!お取り寄せの場合もメーカー在庫があれば1週間程度でご用意できます。皆様のご来店、心よりお待ちしております!!


さてここからは同じ会場でブースを構えていた他のメーカー(ブランド)を簡単ですがご紹介致します。

◆毘沙-BISYA-
DSCF1907.jpg

ここまでGUSTOのコスパが鬼のようだ、わけがわからないと持ち上げてきましたが、価格で言ったらその上を行くブランドがあります。
それがこの「毘沙」です。
新潟県の繊維商品を扱う問屋「越後繊維株式会社」さんが扱うブランドで、カーボンフレームロードバイクをこれまた驚き価格で販売しています。

扱う自転車自体は所謂「中華カーボン」というものですが、超有名メーカーの自転車製造と同じ工場で企画・製造されたフレームをこちらの問屋さんが扱っています。
その気になる価格はこちら。

・フルカーボン、105、機械式ディスクブレーキ採用完成車→期間限定特別価格《198,000円(税込)》
DSCF1902.jpg

・フルカーボン、リムブレーキ用フレームセット→《95,000円(税込)》
・同105採用完成車→期間限定特別価格《198,000円(税込)》
DSCF1900.jpg

うーんYASUI。
機械式ディスクブレーキとは言え、完成車のフルカーボンバイクでこの価格は時代錯誤です(いい意味で)。
この値付けには毘沙門天もにっこりです。

すでに8号機までのラインナップがあり、超軽量なフレームも用意があります。
未だにリムブレーキ採用フレームを販売してくれているので、これまでの資産を有効活用できます👍

当店でも取扱いできますのでお気軽にお声掛けください。


◆ODIN
DSCF1945.jpg

「オーディン」と呼びます。
所謂中華カーボンホイールに名前としっかりとした製品保証を付けたブランドです。
昨今の中華カーボン製品の品質は、悔しいです(?)が向上しています。
しかし、品質のばらつきが大きかったり、万が一の際の保障の面でやはり個人輸入等で使用するにはまだまだ課題が多いです。

このODINは日本国内の代理店が信頼できる現地工場と連携し、日本国内に展開するブランドで、万が一の際にも安心です。
品質については、今年発足した新ロードレースチーム「ヴェロリアン松山」にも供給されるホイールであり、信頼できます。

価格は中華カーボンからの進出ということで、他社大手と比較するとかなり割安です。
ヴェロリアン松山の選手も使用する最上位モデルのカーボンホイールで《272,000円(税込)》

選手が練習に使用するエントリーグレードでは《125,000円(税込)》

珍しい白いリムのカーボンホイールもあります♪(《129,000円(税込)》)。

宇都宮ブリッツェンから移籍したアベタカこと阿部嵩之選手の要望も聞きながらブラッシュアップもしているそうで、これからブランド力高まること間違いなしなメーカーです

DSCF1950.jpg





長くなってしまいましたので今回はこの辺で。

最後に、今回この会場に集まったメーカー、問屋さんは自転車業界の中でもかなり特別です。

皆様口になさっていたのは、メーカーだけが儲かる仕組みを変えたいという熱い想い

ユーザーさんに良い製品をより手軽に購入、使用して頂けるようにしたい!というのはもちろん--
販売店もしっかり収益を上げ、ひいては業界が盛り上がっていくことに貢献したい

そんなことをどなたも熱く語っておられました。

比較的店主藤田と年代が近い方も多く、とてもお話しやすく、色々弱気になっていた私にも熱く語りかけていただけました。
とても元気を頂くことができました。
皆様、ご対応いただきありがとうございました。


今回の展示会。
商品の情報収集以上に、人との出逢いに感謝したくなる展示会でした。

DSCF1891.jpg DSCF1896.jpg DSCF1935.jpg IMG_0755.jpg


じてんしゃ屋フレーシュ
藤田
スポンサーサイト



【新製品情報】1/31名古屋展示会の様子【日記】

皆様こんにちは。
じてんしゃ屋フレーシュの藤田です。

本日は遅くなってしまいました先月の名古屋展示会の様子をご紹介します。
(更新した気でいました💦)

先行してYouTubeに動画もアップロードしておりますので、
サクッと見たい方はこちらを御覧ください。



それではどうぞ!

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

2024.1.31[水]
名古屋展示会

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

前日にほぼ下道を1日かけて愛知県豊田市まで移動し、豊田に1泊しての展示会。
昨年10月末にも名古屋には来たばかり。だんだん名古屋が近くなってきたような?
矢板と比べるととても暖かく感じる豊田市の朝を、トヨタに出勤するであろう社員さんを横目にトヨタ車で名古屋に向かいました。
豊田市から名古屋までは下道で45分ほど。今でも独自の旅行支援制度を実施している期間もあるので車で名古屋近郊に用事がある方の宿泊地にオススメです。

さて、この日廻った展示会会場は5件。
☑フタバ
☑ダイアテック
☑フカヤ
☑BESV
☑PRインターナショナル
朝から夜まで名古屋を廻りまくりです。

◆フタバ
やはり当店が1番訪ねなければいけないのはこちら。
BMCのニューモデルが日本初公開となるフタバさん。
早速見てきました!

▶BMC Teammachine R 01
これまでのフラッグシップオールラウンドレーシングバイクだった「SLR01」がフルモデルチェンジをして「R01」に改名。
同じくフラッグシップレーシングバイクで2本柱の1柱だった空力特化の「Timemachine ROAD」と統合されたモデルです。
今回の設計はF1マシンでの空力設計実績がある「レッドブル」とのコラボ。5年の協業によって開発された意欲作です。

DSCF1655.jpg

【入荷予定あり!予約受付中!!】
この話題のニューモデル、恐らく来月辺りに当店にも《size 51》のフレームセットが1本だけ入荷予定です❗
関東圏では当店を含めて5、6店舗での入荷のようです。とてもレアです。


そんなTeammachine R01で特徴的なのは、フロントフォークとBB周り。
そして薄く削がれたトップチューブです。

・フロントフォーク
DSCF1659-2.jpg

他社を含めたこれまでの自転車とは異なり、かなり肩を張ったようなデザインになっています。
走る自転車のホイールは大量の乱気流を生みます。これがフロントフォークにぶつかるのを抑えるため、幅を取り、空気抵抗の低減を計っているようです。
大学で流体力学を専攻していた私はこの形状を見た瞬間、設計者の意図をビビッと感じました👍(知らんけど
また、これはより太いタイヤを履けるようにとワイドリム化を進める流れに対応する目的もありそうです。

・BB周り

DSCF1653-2.jpg

一見シュッとしてますが、ボリュームさでいうとかなりゴツくなりました。
これまでのフラッグシップSLRもそれなりにゴツい形状をしていましたが、これを見ると可愛く見えます。
当店にも先代SLR01と同形状のSLRがありますので、店頭に展示された際にはぜひ見比べて頂きたいです。

この形状は高剛性化というよりは空力的性能の向上を狙ってのデザインのようです。
これまでのSLRと比べ空気抵抗の元となる「壁」になる部分を削る形状に変化したように感じます。

・トップチューブ
DSCF1655-2.jpg

この自転車を横から見て一番最初に驚くのはこの部分かもしれません。
とにかくトップチューブの厚みが薄いです。およそ10mm程度。インスタ映えを狙って上から踏んづけたら折れそうなくらいです。(多分折れない)
これはキャラクターライン的な意味合いが強いかと思いますが、薄くすることで縦方向にしなりが生まれ、快適性の向上が狙えます。
またフレームを伝わってくる振動がここで一気にボトルネックになり、進路を断たれるような効果がありそう…あったら良いなとフレームを見ながら思いました。
この辺は構造力学の分野かと思いますので流体力学専攻の私にはビビッと来ませんでした👍


その他レッドブルの意向が大きく反映されたのか、これまでのBMCには見られないフレームデザインとなりました。
今回展示されていたのは国内未販売カラーとなっております。
戦闘的なグレーでオーラがありましたが、当店に入荷予定のブラック/ホワイトカラーも非常にかっこいいデザインです。
プロだけでなくアマチュアにも優しい設計をしてくれるBMCの最新作。BMCが敢えてBMCらしさを捨ててまで性能向上を狙ってきた最新作。
レースに参加されている方にはぜひ乗っていただきたい1台です☆


【入荷予定情報】
Teammachine R01 MOD / \1,056,000 in tax / size51 / CARBON BLACK & COOL WHITE / 3月頃入荷予定 / 店頭在庫分予約受付中 / 2024年度国内入荷本数僅少 / 2024年度メーカー予約完売状態


-----
ここまでで長くなってしまったので、あとは写真のみとさせていただきます💦
気になるアイテムがあった方はぜひお気軽に店主までお声掛けください。
また、YouTube動画の方ではより多くの製品をご紹介しております。
ぜひ御覧ください。
-----

◆フタバ(続き)
⇒その他OGK Kabutoの新作ヘルメットや子供用自転車のアイデス&ヤマネコバイク、VISIONなどの展示がありました。イルミネーション搭載光る子供用自転車が面白い✨
DSCF1634.jpg DSCF1639.jpg IMG_0552.jpg DSCF1661.jpg DSCF1668.jpg DSCF1685.jpg DSCF1693.jpg DSCF1695.jpg DSCF1700.jpg IMG_0558.jpg

◆ダイアテック
⇒レザインやknogなどオシャレで使いやすい製品を多く取り扱っていらっしゃいます。割りとロマン系のブランドが多いです。knogの自転車盗難対策警報装置がiPhoneと連携できて便利そうでした♪
DSCF1709.jpg DSCF1734.jpg DSCF1736.jpg DSCF1729.jpg DSCF1722.jpg DSCF1718.jpg DSCF1711.jpg DSCF1705.jpg IMG_0562.jpg

◆フカヤ
⇒国内一大きな問屋さん?とにかくなんでもあります。自社ブランドのギザロやダボスはコスパ重視の方に大変人気♪店主の大学同期が社員さんにいらっしゃるので彼に会いに行くのがメイン👍星スポークの特殊加工を施したスポークが気になりました!
DSCF1771.jpg DSCF1747.jpg DSCF1759.jpg DSCF1834.jpg DSCF1765.jpg DSCF1767.jpg DSCF1778.jpg DSCF1772.jpg DSCF1830.jpg DSCF1827.jpg DSCF1821.jpg DSCF1814.jpg DSCF1812.jpg DSCF1798.jpg DSCF1806.jpg DSCF1786.jpg DSCF1779.jpg

◆BESV
⇒世の中で「e-Bike」という言葉が一般的になる前からスポーティでおしゃれな電動アシスト自転車を製造しているメーカー。異業種企業が母体なのでカスタマーサービスが丁寧で安心です♪(自転車業界は良くも悪くもいい加減すぎる汗
IMG_0575.jpg DSCF1838.jpg DSCF1839.jpg DSCF1851.jpg DSCF1852.jpg DSCF1844.jpg

◆PRインターナショナル
⇒ORTLIEBやSCHWALBEなど有名ブランドからちょっとマニアックだけど代えの効かないユニークな製品を多く取り扱う問屋さんです。ORTLIEBの取り外し可能な軽量キャリアが入荷予定です!
IMG_0579.jpg IMG_0583.jpg IMG_0589.jpg IMG_0594.jpg IMG_0580.jpg

最後までご覧いただきありがとうございました。


じてんしゃ屋フレーシュ
藤田

【日記】BMC元担当営業さんとMTB乗ってきました(2023.10.24)

皆様こんにちは。
じてんしゃ屋フレーシュの藤田です。

お昼に更新しました昨年10月の名古屋遠征の続きです。
2日目はBMC元担当営業さんとMTB乗ってきました♪
色々と勉強させていただきました。
改めましてMさん、アテンド頂きありがとうございました!

ではどうぞ。

■前日のBMC総代理店フタバさん会社訪問の様子はこちら
 → http://fleche2017.blog.fc2.com/blog-entry-255.html

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

◆10/24(火)2日目午前
 BMC元担当営業さんとトレイルへ


▶簡単な動画もありますのでよろしければ合わせて御覧ください


翌日はお待ちかねのMTBライド。
朝6時、三重県某所にて元担当営業Mさんと合流し、スタートです。
IMG_9369.jpg

まずは楽しい下りの前の下準備、登りから。

序盤は片側は急斜面の壁、片側は崖というちょっと怖い道。
中盤はガレた急勾配の山道。
後半はようやく路面に土が目立つ。

この日のコースは藤田が普段走りに行くMTBコースのどれよりもハードな登りで、10年以上ぶりに両足の太ももを攣りました💦
MTBはロードと違う筋肉に効きますね🦾
なんとか目的地のパラグライダー発射場に着く頃には満身創痍でした💦
打って変わって平気そうな顔をしているMさん、流石です。
IMG_9392.jpg


穴場スポットで美しい景色を見ながら、一昨年のBMCオーナーズミーティングでお世話になった那須・フランクリンズカフェさんのゲイシャコーヒーの豆を挽き、挽きたてコーヒーを嗜みました。
コーヒーはよく分からないのですが、景色も相まって「美味しい」以外の感想はありませんでしたね♪
IMG_9385.jpg

-----

そしていよいよお楽しみの下りの復路
これまで両足を攣って貯めてきた位置エネルギーを楽しさに変換するお時間です♪

下りは、Mさんに下りの極意やコース取りについて教えていただきながら安全第一で下ってきました。
途中2度コケましたが、こんな事もあろうかと着用していた肘当て・膝当て・腰当てのお陰で少し手首を撚るだけですみました👍(グキッ

本当は登ってきた道とは違うシングルトラック(自転車や人が一人通れる細道)を下る予定でしたが、私が満身創痍だったということで安全策で往路をそのまま下ることにしました。
シングルトラックはまた次回のお楽しみに取っておきましょう。
IMG_9381.jpg

今回ご案内いただいたコースは登山道も兼ねているので登山者の方も多かったのですが、あくまでも歩行者優先!
ハイカーさんとすれ違う際や追い抜く際は自転車を降りて挨拶をしながらすれ違い・追い抜きをさせていただきました。
ハイカーさんも自転車乗りの存在を認識してくれていて、とても気持ちよく走ることが出来ました。
登山道自体にも「自転車走行は気をつけて」という旨の注意書きもあり、決して自転車を排斥すること無く、共存を促す意志を見ることもでき、自転車文化の定着・浸透具合の差を感じました。

↓写真や動画では伝わりにくいのですが、普通に歩いて登るにも滑って落ちそうになるくらいの斜度があります。
IMG_9394.jpg

Mさん、この度はお誘いいただきありがとうございました!
とても楽しく勉強になる時間でした。
体力付けてシングルトラックにも再挑戦に伺いたいと思いますので、その際はまたお世話になります!
今後ともよろしくお願い致しますm(_ _)m



----------

その後は久しぶりの長期休暇ということでのんびりさせていただきました。
お客様にはご不便をおかけいたしました。
ありがとうございました。

DSCF1244.jpg

IMG_9463.jpg

DSCF1331.jpg

IMG_9534.jpg

IMG_9582.jpg

DSCF1344.jpg

DSCF1361.jpg





最後に、今回旅した場所には先日の令和6年能登半島地震で被害に遭われた場所もあるかと思います。
亡くなられた方々のご冥福をお祈りしますとともに、ご遺族の皆様にお悔やみを申し上げます。また、被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。
私に出来ることは多くないかとは思いますが何かしらの形でいち早い復興に微力ながら協力させていただきたいと思います。
ぜひまた訪れたいと思っております。いち早い復興をお祈り申し上げます。


◆◇◆
【臨時休業のお知らせ】
2024/1/30~2/1まで名古屋展示会出席のため、終日臨時休業となります。
お客様にはご不便をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い致します。
◆◇◆


じてんしゃ屋フレーシュ
藤田

【日記】「BMC」の日本総本山に出かけてきました(2023/10/23)

こんにちは。
じてんしゃ屋フレーシュの藤田です。
いつも当店をご利用いただきありがとうございます。

今週1/30~2/1は名古屋での展示会出席のため終日臨時休業となります。
お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。
最新自転車情報を仕入れて参りますのでお楽しみに!

というわけで大変遅くなってしまったご報告なのですが、
名古屋に行く前に前回・昨年10月下旬に出かけてきた東海・北陸出張のお話をさせていただきます。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

◆名古屋に行くことになった経緯
・2年くらい前に「BMC」の担当営業さん(当時)にMTB乗りに行こうと誘われていた
・藤田はMTBを始めたばかりで色々教えてもらいたいと思っていた
・BMCを扱う問屋さんは名古屋にあり、営業さんも名古屋在住
・藤田、コロナ感染が怖くて当時外出できなかった
・そろそろ良いかなと思いこのタイミングに
・折角行くなら最近旅行もキャンプもしてなかったから長期の休みにさせてもらおう

というわけでした。
連休期間中はご不便をおかけいたしました。


◆10/23(月)1日目
 「栃木→名古屋」移動
  &「株式会社フタバ」会社見学


▶移動「栃木→名古屋(→三重・桑名)
今回も趣味のドライブがてら車で行きます。
もちろん経費節約の為下道で向かいます。
BMCの総代理店である「株式会社フタバ」さんで会社見学させていただく予定となっています。

道中のノーカット車載動画を作成しました!
が、なぜか上手くレンダリングできないのでお蔵入りです涙
おのれVegasPro。

全行程下道の予定でしたが、途中、諏訪湖や道の駅に寄り道していたら時間に余裕がなくなってしまいました(汗)
ちょいちょい高速道路も使ってしまいました。

↓幾度となく近くは通っても湖畔に来たのは初めての諏訪湖
IMG_9312.jpg


▶会社見学「株式会社フタバ」さん
約束の時間から少し遅れてしまいましたが無事フタバさんに到着。
それからは元担当営業さんに社内を案内していただきました。

IMG_9323.jpg

まずは応接間に案内されました。
BMC関連のグッズが多数展示されており、ここが日本のBMC最先端であることを再認識させられます。
店主はプロレースには疎いのですが、そんな店主でも分かる(一部)往年の名選手の写真やサイン。
BMCとフタバさん友好の証となる特別仕様のBMC最大の名バイク「Impec」が展示されており、BMCファンとして静かに興奮する応接間でした。

↓今は懐かしきBMCレーシングチームのジャージに刻まれた名選手のサイン
IMG_9340.jpg

IMG_9338.jpg

↓BMCレーシング時代の写真が飾られていました。
IMG_9343.jpg

↓勉強不足のため私にはカデル・エヴァンスしか分かりません💦
IMG_9348.jpg

↓BMCが機材サポートする日本国内チーム「ヴィクトワール広島」の選手たちのお写真も
IMG_9341.jpg

↓知る人ぞ知る今でもマニアがいるBMCの最上級モデル「Impec」の特別仕様車。フタバさんとのパートナーシップ10周年を記念してプレゼントしてもらったそうです。いつ見てもカッコいいフレームです!
IMG_9349.jpg

↓フタバさんがBMCの日本総代理店をスタートして10周年を記念する装飾が施されています。
IMG_9350.jpg

↓歪な日本とフタバさんのある愛知県?をかたどったデカールも。スイス人ってもっと繊細かと思ってました笑
IMG_9357.jpg


その後は倉庫へ。
散らかっていて恥ずかしいと言いながら案内してくれましたが、倉庫特有の香りを感じつつ眺める倉庫内は私には文字通り宝の山でこちらも大興奮。
試乗車でもあるBMCバイクが所狭しと並べられており、メカニックスペースもありました。
古いバイクのスペアパーツも保管されており古いBMCを所有しているユーザーさんの機材トラブルにも何かしらの対応をしていただけそうな信頼感と安心感、そしてこれまでのフタバさんとBMCの歴史が、古びたダンボールの隙間から滲み出ていました♪

↓さすが総代理店の倉庫。BMCの密度が濃い!BMCから放たれるとても芳醇で美味しい空気でした😇
IMG_9328.jpg

↓SLR01がいっぱい。僕ここに住みたい。
IMG_9330.jpg

↓BMCが広がる大地とその奥にそびえるパーツの山。なんと豊かな土地でしょう。
IMG_9333.jpg

↓某インフルエンサーさんの自転車らしいです。
IMG_9335.jpg


大興奮の社内見学の後は、元営業さん、BMCエクスペリエンスライドを企画してくれた栃木にも縁のある社員さん、そしてお二人の上司の方も交え近くの居酒屋さんへ。
美味しい食事と面白い業界裏話を堪能させていただきました笑
Yさん、Mさん、Kさん、お忙しいところお時間作っていただき、本当にありがとうございました!

IMG_9362.jpg


----------

2日目は今回の旅のメインとなるBMCの元当店担当営業さんとのMTBライドです♪
藤田にとってはかなりハードなコースでした。
でもめちゃくちゃ楽しかったです!
その模様はまた次回。お楽しみに。

■翌日のMTBライドの様子はこちら
 → http://fleche2017.blog.fc2.com/blog-entry-256.html


じてんしゃ屋フレーシュ
藤田

【日記】「合同パーツ展示会」に出かけてきました【新製品紹介】

皆様こんにちは。
じてんしゃ屋フレーシュの藤田です。

本日は、急遽臨時休業をいただいて出かけてきた展示会の様子と気になったアイテムをご紹介します。


-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

2024/1/17(水)
合同パーツ展示会

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

IMG_0463.jpg


◆GROWTAC(グロータック)
まずは今回最も印象的だったメーカーさんから。

EQUALのワイヤー引きディスクブレーキキャリパーで有名な国内メーカーです。
リムブレーキからディスクブレーキへ。機械式コンポーネントから電動式コンポーネントへ。自転車を構成する様々なシステムが更新されていく激動の昨今。
ユーザーさん達がよりスムーズに新たなシステムに移行できるよう、新旧を繋ぐ架け橋となるような魅力あるパーツを企画設計販売してくれています。

今回そんなグロータックさんから「天下統一」できるようなデュアルコントロールレバーが今春に発売されます。
デュアルコントロールレバーはロードバイクで良く使用されるパーツで、ブレーキとギア変速の操作をひとつのパーツで行えるよう統合した画期的なパーツです。
ロードバイクのハンドルに角のように出っ張った部分があるかと思いますが、あれです。

↓コレです
IMG_0455.jpg

このデュアルコントロールレバーは様々なメーカーから販売されていますが、基本的には各メーカーごとの専用品となっており、自転車に取り付けるギア関連パーツとデュアルコントロールレバーのメーカーは揃えなければいけません。(このパーツ一式を「コンポーネント」だったり「グループセット」と呼びます。)
しかし、今回グロータックさんから発売予定のこの製品は、
☑どのメーカーにも対応可能
☑ロードバイク用、MTB用も問わない

と、取り付けるギア関連パーツを問いません。
これによって、《今余らせているパーツを寄せ集めて1台新たに自転車を組み上げる》、なんてことができてしまいます!

↓RD:シマノMTB用、FD:シマノロード用がアッセンブルされたテスト台
IMG_0453.jpg

今回、このパーツを使った"ちゃんぽん"なパーツ構成の自転車に試乗することができました。(FD:Campagnolo、RD:シマノ)
さらに開発者の方にマンツーマンで操作説明や内部機構の解説なんかもしていただくことができました♪
内部機構についての詳細はこの場では割愛しますが、この開発者さんが考えた機構で、かなり理にかなっているというかアイデア溢れるパーツでした。
大手メーカー品と比べるとシンプルな構造で、拡張性も非常に高く、今後どんどん進化していくこと間違いなしの商品であると言えます。

使用感についてですが…今回のデュアルコントロールレバーは標準ではインデックス機構がありません
しかし、特に操作感に不安はありませんでした

↓下ハンドルを握った状態でも操作し易い。レバーは簡単に交換出来るので好みの形状にカスタマイズ出来るようになるかも?
IMG_0457.jpg

インデックス機構というのは、今ではもう当たり前となっている装備で、ギアを変速する際に「カチ、カチ」と音が出て決まったギア歯にきっちり変速してくれる機能のことです。レバーを1回押すごとに1段ギアが変わりますよね?(場合によっては2,3段)それがインデックス機構による物です。
かつての自転車ではレバーを動かすと無段階でアナログ的に変速機が移動し、チェーンがギア歯に中途半端に噛んで「ガチャガチャ」と音を立てることがありました。
今回発売されるこの商品には標準ではインデックス機構がないため、従来のレバーと同じような操作感に近くなります。
しかし、実際使ってみるとレバー操作は非常に軽く、すでにロードバイクに乗られている方であれば、いつものレバー操作をすればインデックス機構が無くともギアをしっかり変速できると思います。私はできました👍
ただ、初めて使用する方やロングライド等で疲れが出て操作が煩雑になる場合は不便に感じるかもしれません。それでも心配ご無用!
なんとこのデュアルコントロールレバー、専用のインデックスプレートを本体に差し込むだけで、インデックス機構を付与することもできます
これでいつも使っている各社デュアルコントロールレバーと同じような変速操作に早変わりです。

この"インデックス機構を実現させる"機構もまた面白くて、とても興奮しました♪
さらに、今後このデュアルコントロールレバーをさらに高機能化/発展させていく計画もあるそうで今から楽しみです!

今回、こういったお話を開発者の方から直接お伺いできたわけですが、その声色やパーツを見つめる視線から非常にモノづくりを楽しんでいらっしゃる様子を窺い知ることができました。
こんなメーカーが日本にまだある事に勇気をもらえた気がします♪

そんなグロータックさんからは手組みホイールに使用できる「リム」や「ハブ」も新発売されております。
こちらも実物を拝見しましたが、非常に丁寧な作りでありながらグロータックさんらしいギミックも盛り込まれており、スペックも上々。その上お財布にも優しい価格でもう言うことはありません!
当店では手組みホイールに流行の兆しありです。お客様のご要望によってはグロータックさんの商品をオススメしていきたいと考えております。

↓新発売のハブ。比較的安価でありながらしっかりとした作り。色もキレイ。
IMG_0447.jpg

↓これまたニッチなペダル。固定力の強さはもちろん、ペダルの傾きやQファクター、スタックハイトも調整可能でどんな人にも対応できる。
IMG_0449.jpg


グロータックさんの商品はいつでも取り寄せ可能ですので、ご興味ある方がいらっしゃいましたらお気軽に当店までお問合せください(*^^*)


-----

さて、グロータックさんで熱弁してしまいましたので、ここからは要点だけご紹介したいと思います💦

◆クレストヨンド
「ガラスの鎧」など自転車向けコーティング剤で有名なメーカーさんです。
販売店向けバフがけ講習会なども行っています。(今度参加したいと思っておます)

IMG_0429.jpg

・チタンの鎧
ギア関連パーツに薄いチタンの被膜をまとわせることで
☑駆動効率の向上
☑耐摩耗性の向上
☑防汚効果(帯電防止効果)

などを付与することができるそうです。
チタンの粒子がせん断方向に対して、ベアリングのような役目を果たす」という紹介が印象的でした。


◆MAGRA(マグラ)
MTB向け油圧ディスクブレーキ関連パーツメーカーです。
お話を伺っていて、油圧ディスクブレーキの奥深さを再確認いたしました。
ブレーキの制動制御が繊細でやりやすく、整備性も確保できており、コンパクト形状にまとめられたブレーキレバーは取り付ける自転車の幅を拡げるものだなと思います。

↓使用車種に合わせて細かくグレード分けされたラインナップ
IMG_0440.jpg IMG_0442_20240119101104b01.jpg


◆GOKISO(ゴキソ)
超高級ハブで有名なメーカーです。航空機のジェットエンジンに使われる軸受を作るメーカーのブランドです。
自転車のハブの構造が前時代的すぎる事に驚き、自社の持つ最新技術で自転車ハブを作ってみよう!と始まったブランドだと聞いたことがあります♪
今回、ディスクブレーキ対応の軽量チタンハブを見ることができました。
チタンの塊を削り出して作ったハブシェルは、どうやって削ったのか想像できない形状で、軽量なことはもちろん、高い快適性も確保したとのことです。

↓ハブシェルとハブフランジがアーチによって繋がっている。これにより快適性を高める試みらしい。これを削り出しで実現するのはかなり苦労したとのこと。
IMG_0434.jpg IMG_0436.jpg


◆Seasucker(シーサッカー)
自動車のルーフにサーフボードなどを積載するキャリアを手掛けるメーカーが自転車用キャリアを発売しました。
このメーカーの特徴は「超強力吸盤」を使用することで、
☑ルーフキャリアが付けられないような車にも取り付け可能
☑取り付け自体も簡単
☑外れそうになるとひと目で分かるインジケーター付き
☑車載が必要な時だけ取り付けられる
☑コンパクトに収納できるので車の中に保管できる

吸盤と聞くと不安ですが(私も不安でした)、吸盤が大型な上、減圧ポンプも搭載されているため非常に強い吸着力を実現できています。
展示品を接着面から剥がそうと触ってみましたが無理でした。
一先ず展示試着用として仕入れてみますので、色々テストしてみたいと思います!
お楽しみに☺

※写真撮り忘れましたが、実物が近日入荷するのでまたそのときに!

----------
以上、その他にも色々見てまいりましたが今回は以上とさせていただきます。
展示会のお話できますのでご興味ある方はぜひご来店頂ければと思います♪

皆様のご来店、心よりお待ちしております。

IMG_0443.jpg IMG_0468.jpg IMG_0467.jpg IMG_0465.jpg IMG_0464.jpg


じてんしゃ屋フレーシュ
藤田