じてんしゃ屋フレーシュのブログ

栃木県矢板市から自転車の楽しさをお伝えしたい!県北地域を中心に活動するそんな自転車屋のブログです。

【紹介】RITEWAY SHEPHERD CITY ~おまけ編~

こんにちは。
最近ブログの更新が捗るじてんしゃ屋フレーシュの藤田です。

タイトルの通り、「RITEWAY SHEPHERD CITY<シェファードシティ>」紹介シリーズのおまけ編です!
???『前回で最終回だと約束したな。あれは嘘だ!』
DSCF6188.jpg

というわけで、何がおまけかと言いますと、
第一回の紹介ブログを思い出して下さい…。

そう!藤田ひとてまポイントが紹介しきれていないのです!w
この記事ではその布石?の回収致します!

早速行きますよー。
(今回の記事はちょっと長いです)


藤田のひとてまポイント
その1
クイックレリーズにグリスをぬりぬり。
DSCF5840.jpg
これ第1回でも書きましたね。
これ、車輪を固定しておくクイックレリーズという部品なのですが、自転車を車に積んだり輪行する方は良く外すので問題無いのですが、買ったときから付けっ放しにしますと錆びて固着してしまい、パンク修理や輪行しようという時に苦労することがたまにあります^^;
なのでそうならないようグリスをぬりぬりしておきます。

藤田のひとてまポイント
その2

『この細いチューブは何に使うでしょうか?(笑)』
の答えですね。
それはここに使います!
DSCF5863.jpg
ちょっと分かりにくい写真ですが、シフトワイヤーとブレーキワイヤーを露出させないために使います。
自転車のギアやブレーキはワイヤーを引っ張ることで操作するのですが、自転車のフレームの多数はこのワイヤーを露出させる外装タイプです。
整備性が高いので藤田は外装タイプ好きなのですが、通勤や通学で雨の日にも乗られる方、トレーニングなどで大量に汗をかく方が露出したまま使われるとサビが生じてしまいます。
そうなると見た目が悪くなったり、動きが悪くなったり、最悪切れてしまったりするので、サビ防止・傷防止の意味でチューブで覆っておくのです!
ちなみにこのチューブ内に水が入っても大丈夫なように適したグリスもぬりぬりしてあります♪

藤田のひとてまポイント
その3

『あれも外して…。』
の「あれ」とは…これ!
IMG_1333.jpg DSCF5841-2.jpg
ホイールにくっついてくるチェーンガードです。
良く自転車を買うとカセットスプロケット(後輪の歯の束)と車輪(ホイール)の間に挟まってくっついてます。
これはチェーンがカセットスプロケットの歯を乗り越え、ホイールとの隙間に落っこちてホイールに傷を付けないためのものなのですが…
正直、これくっつけてチェーンをホイールとの隙間に挟むと直すのが大変なんです^^;
挟んでしまうとチェーンがこのチェーンガードを削って噛み込んでしまうことがあり素手では外せなくなることがあります。
そうなると出先では自転車を動かせなくなってしまいます。
しかし、このガードが付いていなければホイールに多少傷は付いてしまうのですが、手で簡単に外すことができます。
そして何より…ちゃんとギアの調整ができていればチェーンがホイール側に落ちる・挟まることはありません!
なので藤田このガードは基本外させていただいております
確かに自転車を倒してしまったりしてリアディレイラー(後の変速機)が曲がってしまったりするとホイール側に落ちてしまうこともありますが、
そこからさらに噛み込んで自転車を全く動かせなくなるよりは、多少ホイールに傷が付いてしまっても自力で回復できた方が良いかと思います。

という3つが今回「RITEWAY SHEPHERD CITY」を組む中で藤田が加えたひとてまでした。


藤田はお客様にご購入いただいた自転車を…
・少しでも長く
・少しでも乗りやすく
・少しでもトラブルに対処しやす

乗っていただきたいと考えております♪

とは言うものの、
もし「それやめてー><」や「それは付けておいて」などご要望がありましたらご対応させていただきますのでお気軽にお声掛けくださいね(*^^*)♪


というわけでひとてまポイントを押さえて組み上げた「RITEWAY SHEPHERD CITY」はなんと…ご試乗いただけます!
初めての方でもバランスが取りやすく、乗りやすい自転車です♪
ぜひその軽快さ体感してみて下さいね☆

お問合わせお待ちしております(≧▽≦)ノ

【RITEWAY SHEPHERD CITY 紹介シリーズ】リンク
第1回
第2回~お披露目編~
第3回~実走編~

じてんしゃ屋フレーシュ
藤田

070-3850-2004
jitenshaya.fleche@gmail.com
スポンサーサイト

通学用自転車の選び方と買い方

---追記・修正あり---(2017.1.31 20:40)

こんにちは。
じてんしゃ屋フレーシュの藤田です。

昨日は1月とは思えない暖かさでしたね。
そのせいか花粉症の症状が出てちょっと頭が痛かった藤田です。
暖かくなったら花粉の季節…花粉症の自転車乗りにとってはまた嫌な季節の到来です^^;

さて、春が近づくといえばもう一つ。
新入学の季節!通学用自転車の季節ですね!
皆様はもうご購入されましたか?
これから少なくとも3年間は乗るであろう通学用自転車。
実はみんな同じに見えて中身が全然違うんです。
今回はそんな通学用自転車の違いと選び方を独断と偏見(笑)でご紹介したいと思います。
まだ購入されていない方はぜひ参考にしてみて下さい♪
すでに購入された方は、購入された自転車と比べてみてください♪

では早速!
例のごとく長い文章にはしたくないので一部説明を簡略化します。
詳しいお話は「じてんしゃ屋フレーシュ」出張相談サービス かお近くの自転車販売店で(笑)
(すでにここまで383文字…)



1.最初に
簡略化すると言っておいてなんですが、ここだけはしっかり書かせていただきます。
藤田の理念とも言えるところです。
どうぞお付き合ください(笑)

まず、お子さんって思った以上にパワーがあります。
人の蹴る力は腕の力の何倍もあるので非力に見えても実はパワフルです。
成長期ですからこれからどんどん強くなっていきます。
また、段差をガツン!と越えたり、スタンドのロック機能を使用せず自転車を倒してしまい故障することもあるかもしれません。
そんなお子さんの毎日の生活を絶えなく支える「通学用自転車」ですから、
藤田【耐久性・安全性】を重視します。

そして販売方法についてですが、
インターネット通販は原則論外とさせていただきます。
自転車は命を乗せて走る立派な乗り物です。
物を売りっぱなしでアフターケアも一切おざなり、責任問題になれば雲隠れできる通販では無く、
故障した際にすぐに診てもらうことができ、常に正常な状態を保てるよう協力してくれる店舗のある自転車専門店でのご購入を強くオススメ致します!
え?『じてんしゃ屋フレーシュに実店舗はないじゃないか』って?
フレーシュ《移動する・できる》自転車屋さんです!店舗が車なだけです!←物は言いよう(笑)

色々書いてしまいましたが、
すなわち、
・通学用自転車は耐久性・安全性重視!
・(通学用自転車に限らず)自転車は自転車専門店で!


この2点が大前提となります。

それではどのような自転車が耐久性、ひいては安全性の高い自転車と言えるのか。
次項でご説明致します。



2.見るべきポイント
耐久性・安全性の高い自転車かを見極めるため特に気をつけたいのは、
①メーカー
②リム(車輪のパーツの一部)
③BB
④チェーン式orベルト式
⑤ギア(変速機)
⑥ライト
の6点です。優先度順です。
ポイント一覧[1]

先程も書きましたが、通学用自転車は見た目こそ同じに見えますがモノによって耐久性・安全性を支える上記のポイントが大きく変わります。
そしてこの6つのポイントは価格によって変動します。
形が学校の指定などである程度決められている通学用自転車は価格が耐久性・安全性(品質、性能)に直結すると言っても過言ではありません。
ですので残念ながら?通学用自転車はある程度お値段がするものです。
20170131ブログ

低価格の自転車(~2万円くらい)を壊れる度に買い換えるのも一つの選択肢かもしれませんが、
学校指定の仕様を満たす自転車はいくら安いものでもそこそこ値が張ります。
また、低価格の自転車は最低限の品質が補償されておらず、安全性がおざなりになっているものが存在することも残念ながら事実です。
(特にインターネット通販や一部ディスカウントストアなどの自転車に多く見られます。)

そんなことから、藤田は低価格自転車の都度乗り換えはオススメ致しません。
結局それなりの価格の自転車を1台購入する方がトータルで見ると安上がりかつ安心・安全になります。

ではポイントごとに見てみましょう。
言いたいことはここまででほとんど書いたので、ここからはさくっと行きますw

①メーカー 【オススメ:大きいメーカー】
大きいメーカーがまず間違い無いです。
今ですと、BRIDGESTONE、Panasonic、丸石、ミヤタあたりです。
大きいメーカーの通学用自転車には盗難補償や傷害保険が無料で付いてくる自転車が多く、万が一の場合にも対応できます。
また、大規模な不良が見つかればしっかりとリコール対応してくれます。
(「しっかりリコール対応してくれる」というのもおかしな文言ですが^^;)
ですのでなんだかんだで大きなメーカーがオススメです。

②リム(車輪のパーツの一部) 【オススメ:ステンレスリム】
リム
リムは車輪を構成するパーツの一種です。
通学用自転車では「アルミ」か「ステンレス」で作られています。
アルミ
 軽量で安価だが、歪みやすい。
 色はツヤのないくすんだ白。
ステンレス
 アルミと比較すると高価で重量もあるが、非常に強固で歪みにくい。
 サビにも強い。
 色は新車時は鏡のような金属光沢。
もちろん通学用自転車でしたらステンレスが断然オススメです!
段差に勢い良く乗り上げたり、ちょっとぶつかったくらいでは歪みません。

③BB 【オススメ:カートリッジ式BB】
BB.jpg
BBは「ボトムブラケット」の略です。
ペダルがくっついているアーム(クランク)を支えるパーツです。
このBBにも種類があり、「カートリッジ式」のものが耐久性が高くオススメです。
高価な自転車でも採用されているものといないものがあります。

安価な自転車に多く採用されている「カップアンドコーンBB」は水が入りやすく耐久性が比較的低いです。
また、カップアンドコーンBBのネジが使っているうちに緩み、クランクがガタガタになった自転車を良く見かけました。(特に男の子)
ネジが少しでも緩んだ時点で調整すれば大事には至りませんが、放置すると交換が必要になります。
その点、カートリッジ式BBは固定がしっかりでき、メンテンスと故障の頻度が下げられます。

④チェーン式orベルト式 【オススメ:チェーン】
後の車輪に駆動を伝えるパーツの種類です。
チェーン式
 一般的な自転車に採用されています。
 ベルトに比べ安価ですが、チェーンが外れたり、切れたりするなどのトラブルがあります。
 また定期的に注油が必要です。
ベルト式
 通学用自転車や一部自転車に採用されています。
 駆動音が静かで、注油の必要が無く、切れる心配もほとんどありません。
 メンテナンスの頻度を減らすことができます。

しかしながらベルト式ですと、チェーンに比べて幅を取り③BBへの負担が大きくなるため、
力の強い男の子が乗るとBBのガタツキが出やすくなります。
また、ベルトが切れたり損傷した場合、自転車ごとにベルトの長さが異なり専用品となるため大概メーカー取り寄せとなり、修理に時間がかかります。(チェーンは汎用品をその場で切って使えます)

当店でご購入いただいた自転車は点検整備(注油含む)が永久無料となるため、
当店ご購入の場合、チェーン式のデメリットは消滅させることができます!

⑤ギア(変速機) 【オススメ:内装式】
ギア
2種類あります。
内装式
 ギアの機構が車輪のハブというパーツ内に格納されており、注油などのメンテンスの頻度が下げれられます。
 また、機構上チェーン外れはありません。
 サビにも強くできるので耐久性と安全性を高めることができます。
 ギアの段数は一般的には3段と5段が多いですが個人的には3段がオススメです。
 ④でベルト式の場合は構造上自然と内装式を採用します。
外装式
 後の車輪に歯車のようなものがたくさん付いているものが外装式です。
 チェーンをずらして変速するため、調整があまいとチェーンが外れます。
 またチェーンを含めた機構が露出するため注油が細かく必要になります。
 内装式と比べ比較的安価で、軽量です。
 軽量さが重視されるスポーツ自転車では外装式を採用しています。
 細かいギア比を選択できるためストレスが少ないメリットもあります。

通学用自転車は競技志向でないため、トラブルを減らせる点で内装式をオススメいたします。

⑥ライト 【オススメ:自動点灯式】
ライト
手動点灯式(ブロックダイナモ)
 良く足で蹴っ飛ばして点けていたあのライトです(笑)
 暗くなっても手動で点けなければいけません。
 また点灯させると極端に漕ぎが重くなるため、ライトを点けずに走っている方も見かけますが、
 非常に危険です。非常に危険です。(大事なことなので2度言いました)
自動点灯式(オートライト、ハブダイナモ)
 読んで字のごとく自動で点灯します。
 また発電機(ハブダイナモ)が高効率なので、明るく点灯し、漕ぎも重くなりません。
 部活や委員会で遅くなっても安心・安全です!



ここまで独断と偏見でオススメポイントを紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?
この他にもタイヤやブレーキ、カゴなどオススメしたいものがたくさんありますが、
そちらはぜひじてんしゃ屋フレーシュの出張相談で聞いてみて下さい♪
(ちなみに、タイヤは厚手で高耐久をうたったもの、ブレーキはローラーブレーキ、カゴはプラスチックカゴorステンレスカゴがオススメです!)

じてんしゃ屋フレーシュでは、これらのオススメに則った自転車を多く扱う「BRIDGESTONE」と「マルイシ自転車」の取り扱いがございます。
まだ自転車を購入されていない方はぜひご検討下さい☆
また、すでに自転車をご購入された方で、オススメパーツでは無いものが取り付けられた自転車をご購入された方でも、オススメパーツにお取替えできるパーツもございますので気になる方はお気軽にご相談下さい!

最後になりますが、じてんしゃ屋フレーシュがオススメする自転車をご紹介しておわりにしたいと思います。
結局長くなってしまいました^^;
長文・駄文にお付き合いいただき、ありがとうございましたm(_ _)m



あ、ホントに最後に1点。
街の自転車屋さん(自転車専門販売店)には長く乗れる自転車と技術、サポートがございます。
少しでも長く乗れる自転車をお探しの方は、当店に限らず、ご自宅近くの街の自転車屋さんを訪ねてみてください☆
(その中から当店を選んでいただければとっても嬉しいです♪)



【じてんしゃ屋フレーシュ】オススメ通学用自転車その①
BRIDGESTONE キャスロングデラックス(チェーン)
税抜き\47,800~
body12.jpg
なんと今は珍しい日本製フレーム採用で脅威の6年間フレーム補償で超安心!
(残念ながら自転車は99%中国製。BRIDGESTONEも他モデルの多くは中国の自社工場。)
その他藤田オススメパーツも網羅してます♪
盗難にも強く、万が一のための3年間盗難補償や無料の傷害保険にも加入できます。
長く乗るなら間違いなくこの自転車です☆

【じてんしゃ屋フレーシュ】オススメ通学用自転車その②
丸石サイクル プリズム シティ/プリズム Wループ
税抜き\39,800~
プリズムC プリズムW
藤田オススメパーツを網羅した上、荷台と両立スタンドを標準装備してこの価格!
高耐久タイヤに3年間の盗難補償も付いています。
ステンレスリムに加え頑丈な極太スポークも採用しとっても頑丈、安心です。
迷ったらコレ!(てかコスパすごいなこの自転車)

なお、当店でご購入いただいた自転車は永久に点検整備を無料とさせていただきます!(※別途出張費がかかる場合あり)
また、修理の割引サービスもございます!
自転車は買った後の継続した整備が必要な乗り物です。
いつでもお客様の元へ駆けつけられる当店の出張での点検整備・修理サービスをぜひご利用くださいませ♪
皆様のご利用心よりお待ちしております(*^^*)

※オススメポイントは藤田の経験に基づく独断と偏見が含まれます。
※本記事でオススメした自転車がすべてのお客様にオススメされるものではありません。
※(追記)本記事は製品個体の品質、耐久性、安全性を保証するものではありません。
※学校ごとに仕様の指定がある場合がございます。適合する自転車か必ず販売員にご確認ください。
※メーカー在庫が著しく少なくなる時期です。お求めの方はお早めに。


じてんしゃ屋フレーシュ
藤田

FC2Ad