FC2ブログ

じてんしゃ屋フレーシュのブログ

栃木県矢板市から自転車の楽しさをお伝えしたい!県北地域を中心に活動するそんな自転車屋のブログです。

【日記】ライトウェイ展示会に行ってきました(FELT AR etc...)

皆様こんにちは。
じてんしゃ屋フレーシュの藤田です。

皆様体調は崩されていませんか?
新型コロナウイルスの感染拡大が止まりませんね…。
風邪のウイルスの一種とはいえ死亡者も出ておりますので油断できませんが、油断ならないのは今回のコロナウイルスに限らずインフルエンザなどの病気や日常生活中の事故などもございます。
また、病気や事故そのもの以外にも、悪意のあるなしに関わらないデマやフェイクニュースもございます。
それらに惑わされぬよう慌てず冷静に多角的に情報収集し、最悪の事態を想定しつつも我々自身にできる最善の策を講じることができればと思っております。
新型コロナに関わらず体調を崩されていらっしゃる方はまずはぜひご自身を第一に考え、どうぞご自愛くださいませ。

さて、そんなコロナ蔓延る最中の2月27日木曜日。
当店藤田は東京で開催された「ライトウェイ」の展示会に出かけてまいりました。

※今回の移動は電車の利用を避け自動車で移動しつつ、当店でも販売している「PittaMask」を着用し頻繁な手洗いうがいと除菌ウェットティッシュの使用を心がけ出かけてまいりました
IMG_9468.jpg


正直なところこのような状況ですので展示会への欠席も考えてはいましたが、

FELTの新型エアロロードバイク「AR」シリーズのフルモデルチェンジが発表され、実車を見れる機会であったため上記の配慮をしつつ出席してまいりました。

早速気になった自転車やアイテムを簡単にご紹介しつつ展示会の模様をお伝え致します。


----------
『FELT AR Advanced』
----------
DSCF0843.jpg

まずはやはりこの自転車から。
先日発表されたばかりのFELT待望の新作エアロロードバイクです。

FELTは「エアロロードバイク」というカテゴリの先駆者的な存在です。
もともとトライアスロンバイクを設計製造しており、トライアスロン界では有名なメーカーでした。
そんなメーカーが持つ技術を使って作られたのが初代ARシリーズです。
それから12年…。
後発である他社にそのシェアをすっかり取られてしまったエアロロードバイクの《先駆者》が送る《後発》バイクがこの第3世代ARシリーズです。

詳細はこちら
メーカーホームページ(https://www.riteway-jp.com/bicycle/felt/ar/

当店藤田が特に注目する点は、

①最新の空気抵抗低減形状の採用
②シートポスト周りの大幅改良によるエアロロードバイクとは思えない快適性の獲得
③他社製品から学んで改良し獲得した高い整備性
④数少ない自転車メーカーにのみ許されたテクストリームカーボンの使用


詳細はご来店頂きましたお客様にお話させていただくとして、大まかにご説明致しますと…

①単純な流線型の後端を切り取り廃し、前方向はもちろん斜め前方向からの風でも十分な空気抵抗削減が可能になりました。
 ⇒「トランケーテッド・エアフォイル・シェイプ」

②切り込みの入ったシートポストと、そのシートポストとフレームの間に入る振動を和らげる樹脂ダンパーによって、エアロロードバイクとは思えない振動吸収性を実現。
 硬くなりがち(振動が多く乗り心地が悪い)なエアロロードバイクでも十分な快適性を獲得しました。
 ⇒「リーフスプリングシートポスト」&「ダンピング・シートポストスリーブ」

③エアロロードバイクにありがちな専用設計品しか取り付けできない仕様ではなく、他社製品でも難なく取り付けることができる整備性を獲得。パーツ選びに幅を持たせてくれています。
 もちろん専用設計品を取り付ければ最大限の空気抵抗削減を得ることができます。
 また、整備性が高いため販売店によっては他社エアロロードバイクに比べ工賃を抑えることができます。
 ⇒イージーメンテナンス

④FELTのカーボンバイクに採用されている「テクストリームカーボン」はごく限られた自転車メーカーでのみ使用を許可されている材料で、一般的なカーボン繊維と比べより軽量で高強度が出せます。
 また見た目のインパクトもあり、大きな四角形のタイル柄がその特徴です。
 「FELT」のロゴがこのテクストリームカーボン柄となっており、高級感があり、所有欲満たされるグラフィックです。
 ⇒TeXtremeカーボン

そんな「AR」が、なんと!
当店に店頭在庫ございます!!
・FELT AR Advanced ULTEGRA size:540mm(M)
の在庫がございます。

発表からすごい人気で次回入荷もなかなか読めないバイクです。
最初からこのリムハイトのカーボンホイールが装備されている点も魅力ですね。すごいコスパです。

お探しの方、ご興味ある方はぜひ当店までお越しくださいませ♪

DSCF0846.jpg DSCF0851.jpg


----------
『RITEWAY SHEPHERD & GLACIER 春の限定カラー』
----------
DSCF0792.jpg DSCF0802.jpg DSCF0799.jpg

スタイリッシュでありながら、初めての方でも気軽にお乗りいただけるスポーツバイクを販売する「RITEWAY」ブランド。
その中でも人気の2車種に「春の限定カラー」が登場です。

暗めでシックなカラーが多かったこの2モデルですが、今回、爽やかな3色が限定で追加になりました。

春からの新生活をこのスポーツバイクで爽やかにスタートしてみてはいかがでしょうか?

DSCF0800.jpg


----------
『BBB BBS-121 センターストップ』
----------
DSCF0809.jpg

低価格でありながら高品質な製品を世に送り出しているBBBブランドから、ディスクブレーキローターの登場です。
ステンレス製でカッチリした作りで、触った感じ歪みが出にくそうで好印象でした。
正直重量はステンレス製のためシマノ製ローターと比べると劣りますが、ホイールの回転軸に近い位置に取り付けるパーツのため持った重量ほど乗っての重さは感じません。
シマノ製は端が角張った形状をしていますが、このモデルは端を丸めてあるため、転倒時などのローターによる怪我を防ぐことができます。
頑丈な作りでもあるため、走行性能や軽量性を気にせず、出先でのあらゆるトラブルを避けたい方におすすめです。

同社のディスクパッドはディスクブレーキ搭載バイクに必要な慣らし運転が不要で、ご自身で自転車を管理していらっしゃる方におすすめです。

DSCF0811.jpg


----------
『SERFAS FP-200 AF-Tシリーズ』
----------
DSCF0818.jpg

日本で最も販売されているフロアポンプのひとつ(←海外ドキュメンタリーにありがちな言い回し)である「SERFAS FP-200」がフルモデルチェンジです。
モデル名の後に「AF-T」が付き、それぞれ「T1」、「T2」、「T3」の3モデルが発表されました。

共通した改良点は、ヘッドがモデルチェンジし、ロックがより少ない力でできるようになりました。

また、各モデルの旧モデル「FP-200」との違いは、
・T1…簡素化して最低限の機能を盛り込んだ最廉価モデル
・T2…FP-200より長いバレルを採用し、空気圧ゲージの文字サイズを拡大しより見やすくしたモデル
・T3…ヘッドを外さずに入れすぎた空気を抜くことができるリリースボタンを追加、空気圧ゲージを上に配置し、文字も大きくしたモデル

カラーはまだ少ないですが今後追加予定とのことです。
価格は最上位のT3でも旧製品の「FP-200 SE」と同価格の税抜4,200円と大変リーズナブルです。

空気入れも長期間使用していると、上手く空気が入らなくなったり、ゲージが正確でなくなったりします。
ハンドルが破損して痛い思いをする可能性も出てまいります。
この機会に空気入れの交換をしてみるのはいかがでしょうか?
当店にT3各種が大量入荷しております。
当店で空気入れをご購入頂いた方は古い空気入れを《無料》でお引取り致します。


----------

その他新製品が発表されていましたが、今日はここまで。

気になる方はぜひ当店店頭まで遊びに来てみてください♪

皆様のご来店、心よりお待ちしております。

DSCF0785.jpg DSCF0856.jpg

じてんしゃ屋フレーシュ
藤田
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する