fc2ブログ

じてんしゃ屋フレーシュのブログ

栃木県矢板市から自転車の楽しさをお伝えしたい!県北地域を中心に活動するそんな自転車屋のブログです。

【製品情報】【展示会】GUSTO展示会に行ってきました!【日記】

皆様こんばんは。
じてんしゃ屋フレーシュの藤田です。
いつも当店をご利用いただきありがとうございます。

本日は先週水曜日2/14の「GUSTO」展示会の様子をお伝え致します。

商品を見させていただいたのはもちろんですが、人に逢わせていただいた展示会でした。

⇒展示会の様子を動画で紹介
[現在編集中]

ではではどうぞ!


-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

2024/2/14[Wed]
GUSTO展示会

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

当日朝3時から経費節約のため下道走らせ、7時半頃東京入り。
学生時代に住んでいた巣鴨に車を停め、そこからは電車と徒歩で展示会会場へ。
今日はGUSTOさんの展示会です。

会場は東日本橋のあたり。
会場に入るとGUSTOの他、いくつかのメーカー(ブランド)さんがブースを出していました。


◆GUSTO
DSCF1888.jpg

「GUSTO」はもう皆様ご存知ですよね?フルカーボンのロードバイクを販売するメーカーで、大人の事情で日本国内では「グスト」と呼びます。

《UCI認証を取得したプロユースモデルのみ》をラインナップし、展開するフレームを絞ることで無駄に開発費用を浪費せず、その分コストパフォーマンスの高い自転車を製造・販売しています。
値崩れ、ひいてはブランド力の喪失を防ぐ取り組みもされており、独自の販売ルールによってお客様・販売店・メーカーの「三方よし」を目指す画期的なメーカー(ブランド)です。

GUSTOは値段に目が惹かれがちですが、
「プロユースモデルのみ」と先述した通り、海外のプロロードレースチームへのバイク供給をしており日本国内のレースでも優勝経験のある実績あるフレーム造りをしています。

昨今のGUSTOバイクは「INNEGRA」という特殊素材を使用することが特徴です。ポリプロピレンによって作られるこの繊維はカーボンより軽量で頑丈な素材です。
これを東レT1000カーボン、さらにLATEXと組み合わせる(I.L.C)ことで振動吸収性を高めています。振動吸収性が高まることによりライダーは体力消耗を抑えることができるため、より速く遠くまで走ることができたり、より楽にサイクリングを楽しむことができます。

現在、GUSTOがラインナップする「DURO EVO」シリーズと今回発売された「COBRA EVO」シリーズの両方でこのINNEGRAが使用されており、どちらも如何なる路面状況でも最高のパフォーマンスを発揮できる自転車に仕上げられています。

なお、GUSTOではこの2シリーズにそれぞれいくつかのコンポーネント違いのグレードが用意されており、ご予算や使い方、デザインの好みによってお選び頂けるようになっています。

▶【新製品】「COBRA EVO」シリーズ
DSCF1868.jpg

GUSTOラインナップではどちらかというとレース向けなバイクです。
昨今流行したデザインを取り入れつつ、シュッとしたシンプルかつトラディショナルなデザインのバイクです。
DSCF1872.jpg

上位3グレードではケーブル類が一切外に露出しない一体型エアロハンドルを初期装備しています。
最上位の「PRO LEGEND」グレードは、当店イチオシブランドB◯Cが120万円程度で販売するような自転車を《660,000円(税込)》という約半値のコスパを誇ります。
恐ろしいコスパです。あまりのコスパに業界最王手メーカーから怒られたとか、そんな噂もあります💦

とは言え66万円。決して安くはありません。
そんな方にはエントリーグレードである「ELITE」グレードはいかがでしょうか?
同じくB◯Cが50万円程度で販売する機械式新105採用モデルが《286,000円(税込)》と、これまた他社の追随を許さない価格です。
コスパ優秀と言われるMERI◯Aのバイクですら似たグレードで約37万円ですので…GUSTOの値付けはいつも意味が分かりません(褒めてます)。
DSCF1878.jpg

先述の通り、製品自体も特殊素材を使用するなどプロも使用するほど気合が入った製品ですのでご安心ください。
↓フレーム内部を写した写真。余計なバリも無く、非常にキレイな内部状況です。
DSCF1865.jpg

↓(参考)品質が低いとこんな感じの内部となります。
IMG_0779.jpg

《当店にはこの「COBRA EVO DB ELITE」sizeML(510)が入荷予定です!!》
塗装がめちゃくちゃキレイで、特にホワイトに惚れました❤ラメの入った雪のような白でとても美しいです✨
店頭在庫予定モデルはもちろんホワイトカラーです♪

人気爆発中のモデルです。
ご検討中の方はお早めにお声掛けください👍


DSCF1880.jpg DSCF1875.jpg


▶「DURO EVO」シリーズ
DSCF1882.jpg

こちらはCOBRA EVOと比べるとかなり特徴的な形状をした自転車です。
かなりマッシブな形状でどこを見ても筋骨隆々、たくましいフレームです。
しかしながらCOBRA EVOと比較するとハンドルを高めに設定できるジオメトリーでロングライド向けなポジションを取ることができます。
DSCF1883_20240219191609cf3.jpg

やはりこちらもINNEGRA(I.L.C)を採用したフレームですので振動吸収性が高く、より速くより楽に走ることができます。

エアロ形状を採用するチューブが多いため、長距離をより速く走りたい方はこちらの自転車がおすすめになります。

グレードのラインナップとしては4グレード用意されており、ケーブル類フル内装のモデルのみラインナップしています。
最上位グレードは、ULTEGRA Di2 R8170 + Campagnolo ShamalCarbon 採用でありながら《680,000円(税込)》とこちらも高いコスパを誇ります。
エントリーグレードは、105 Di2 R7170にアルミリムホイールを採用することで《399,000円(税込)》という価格を実現しております。これはやはり他社と比べると30%以上低価格を実現しています。

DSCF1886_20240219191607749.jpg


----------
何度も言いますが、GUSTOはこの価格でしっかりとした性能を持っています。下手したら他のハイブランドメーカーよりもしっかりとしたモノ作りをしているかもしれません。

《「安かろう悪かろう」が通用しない唯一のメーカーかもしれません!》


★当店は「GUSTO」のご注文をお待ちしております。店頭在庫品は即納可能!お取り寄せの場合もメーカー在庫があれば1週間程度でご用意できます。皆様のご来店、心よりお待ちしております!!


さてここからは同じ会場でブースを構えていた他のメーカー(ブランド)を簡単ですがご紹介致します。

◆毘沙-BISYA-
DSCF1907.jpg

ここまでGUSTOのコスパが鬼のようだ、わけがわからないと持ち上げてきましたが、価格で言ったらその上を行くブランドがあります。
それがこの「毘沙」です。
新潟県の繊維商品を扱う問屋「越後繊維株式会社」さんが扱うブランドで、カーボンフレームロードバイクをこれまた驚き価格で販売しています。

扱う自転車自体は所謂「中華カーボン」というものですが、超有名メーカーの自転車製造と同じ工場で企画・製造されたフレームをこちらの問屋さんが扱っています。
その気になる価格はこちら。

・フルカーボン、105、機械式ディスクブレーキ採用完成車→期間限定特別価格《198,000円(税込)》
DSCF1902.jpg

・フルカーボン、リムブレーキ用フレームセット→《95,000円(税込)》
・同105採用完成車→期間限定特別価格《198,000円(税込)》
DSCF1900.jpg

うーんYASUI。
機械式ディスクブレーキとは言え、完成車のフルカーボンバイクでこの価格は時代錯誤です(いい意味で)。
この値付けには毘沙門天もにっこりです。

すでに8号機までのラインナップがあり、超軽量なフレームも用意があります。
未だにリムブレーキ採用フレームを販売してくれているので、これまでの資産を有効活用できます👍

当店でも取扱いできますのでお気軽にお声掛けください。


◆ODIN
DSCF1945.jpg

「オーディン」と呼びます。
所謂中華カーボンホイールに名前としっかりとした製品保証を付けたブランドです。
昨今の中華カーボン製品の品質は、悔しいです(?)が向上しています。
しかし、品質のばらつきが大きかったり、万が一の際の保障の面でやはり個人輸入等で使用するにはまだまだ課題が多いです。

このODINは日本国内の代理店が信頼できる現地工場と連携し、日本国内に展開するブランドで、万が一の際にも安心です。
品質については、今年発足した新ロードレースチーム「ヴェロリアン松山」にも供給されるホイールであり、信頼できます。

価格は中華カーボンからの進出ということで、他社大手と比較するとかなり割安です。
ヴェロリアン松山の選手も使用する最上位モデルのカーボンホイールで《272,000円(税込)》

選手が練習に使用するエントリーグレードでは《125,000円(税込)》

珍しい白いリムのカーボンホイールもあります♪(《129,000円(税込)》)。

宇都宮ブリッツェンから移籍したアベタカこと阿部嵩之選手の要望も聞きながらブラッシュアップもしているそうで、これからブランド力高まること間違いなしなメーカーです

DSCF1950.jpg





長くなってしまいましたので今回はこの辺で。

最後に、今回この会場に集まったメーカー、問屋さんは自転車業界の中でもかなり特別です。

皆様口になさっていたのは、メーカーだけが儲かる仕組みを変えたいという熱い想い

ユーザーさんに良い製品をより手軽に購入、使用して頂けるようにしたい!というのはもちろん--
販売店もしっかり収益を上げ、ひいては業界が盛り上がっていくことに貢献したい

そんなことをどなたも熱く語っておられました。

比較的店主藤田と年代が近い方も多く、とてもお話しやすく、色々弱気になっていた私にも熱く語りかけていただけました。
とても元気を頂くことができました。
皆様、ご対応いただきありがとうございました。


今回の展示会。
商品の情報収集以上に、人との出逢いに感謝したくなる展示会でした。

DSCF1891.jpg DSCF1896.jpg DSCF1935.jpg IMG_0755.jpg


じてんしゃ屋フレーシュ
藤田
スポンサーサイト



コメント

ありがとうございます!

藤田さん。
展示会ではありがとうございました!
みんなが笑顔で楽しく儲かり
子供達憧れの職業No1にしちゃいましょう!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する